外壁の隙間を埋めるシーリングが重要なんです❗️

外壁の隙間を埋めるシーリングが重要なんです❗️

こんにちは。

今回は、シーリングについて紹介します。

シーリングとは?

外壁材と外壁材の隙間やサッシ廻りの隙間を埋めるゴム状のものです。

シーリングの写真
シーリングの写真です。

シーリングの役割は?

隙間を埋めることで雨漏り防止をしています。

ですので、シーリングが劣化してひび割れてしまったりすると、雨水が入って雨漏りする原因になります。

シーリングの完了写真
シーリングの完了写真です。

シーリングの劣化原因は?

紫外線に弱く、シーリングに含まれる可塑剤と呼ばれる薬品の寿命により、ひび割れや硬化などが起きて劣化してしまいます。

長い間ひび割れなどを放置しておくと外壁の張替えなどが必要になり、余計メンテナンスの費用がかかったりするので注意が必要です。

シーリングのひび割れ写真
シーリングのひび割れ写真です。

シーリングの種類について

シリコンシーリング

ホームセンターによく売られているシーリングです。

シリコンシーリングの特徴としては、シーリングの上に塗装を行うことができません。

塗料が密着せず、弾いてしまったり剥がれたりしてしまいます。

専用のプライマーを塗れば塗ることも可能な場合があります。

変成シリコンシーリング

シリコンシーリングとは違い、塗装可能なシーリングとなっています。

ウレタンシーリング

耐久性がとても高いシーリングとなります。

紫外線に弱いため、上から塗装で保護する場合に使用するといいですね。

アクリルシーリング

耐久性はそれ程高くありません。

改修工事では、ほとんど使われていません。

シーリングの施工方法

既存のシーリング撤去

まず、外壁材と外壁材の目地などを撤去します。

撤去せず、上から打設してしまうと厚みが確保できず、すぐに劣化してしまいます。

厚みを確保できない場合は、必ず撤去が必要です。

シーリングを撤去している写真
シーリングを撤去している写真です。

プライマー塗布

密着を良くするために、プライマーを塗っていきます。

プライマーを塗らないと、シーリングが捲れてきたりと不具合の原因になります。

プライマーを塗布している写真
プライマーを塗布している写真です。

シーリング打設

シーリングを打設していきます。

たっぷりと打設します。

シーリングを打設している写真
シーリングを打設している写真です。

シーリング均し

最後に厚みを確保しながら、シーリングを綺麗に均していきます。

シーリングを均している写真
シーリングを均している写真です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

シーリングが劣化してしまうと雨漏りの原因になりますので、定期的に点検しメンテナンスを行いましょう。

 

外壁の傷みがある方、シーリングの劣化などが見られる方、まずは無料診断をご利用ください^_^

関市の外壁塗装専門店 オンリーワン塗装キダイ